知恵袋ブログ

新Mutuelle 説明会

2017/02/23 (木) 14:57 | Blog, 保険関係

23

在仏日本商工会議所主催で開催される「新Mutuelle 説明会」に協力することになりました。開催日時は、3月27日月曜日の15時からです。

今回は、弁護士の橋本先生にもご協力いただき、新Mutuelle導入時の経営者側の注意事項を、詳しくご説明していただきます。

現状のMutuelleを新Mutuelleに移行するには、保障内容のダウンそして従業員の総合的に見た個人負担の増加など、難しい問題が山積みです。これらの点に関しても詳しくご説明をしていきたいと思います。

今回の説明会は、在仏日本商工会議所主催ですので、基本的に商工会議所の会員企業の方々向けですが、弊社のお客様もご参加可能ですので、ご興味のある方は是非弊社までご連絡ください。

 

「今日の一句」

打ち上げの カンパイ想い 仕事する
ツイートツイート

テロ税

2017/01/15 (日) 18:05 | Blog, 保険関係

11

フランスの保険契約に課せられるテロ税が4.3 Eurosから5.9Eurosにアップされました。このテロ税は、テロ被害にあった方々の、経済的損失などを補償するために設立された目的税です。すべての保険契約1件に付き5.9Euros徴収、年間で約170億円徴収されプールされます。
このような目的税の新設や税率のアップなど、本当にフランス政府の動きは、素早いですよね。日本の政府及び政治家も是非とも見習ってほしいと思います。

世界中でテロが発生していますし、残念ながらフランスをはじめヨーロッパ各国どこでテロが発生しても、おかしくない状況です。日本では、まだ ISによる明確なテロ被害がありませんが、ISにより洗脳された日本人自爆テロ等がいつ発生しても不思議ではないと思います。日本政府が何らかの対策をしているのかどうか、外からだとまったく分かりませんが、日本国内でテロがないことを祈るのみです。

「今日の一句」

“SMAPが ニュース1面 平和やな ~”
ツイートツイート

謹賀新年

2017/01/08 (日) 23:04 | Blog, 保険関係

11
 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年の仕事の上での目標は ——

* 弊社がホールセールブローカーとしてセットアップした
保険商品の、ヨーロッパ及びアジア各国での販売強化。
* ヨーロッパ各国の協力代理店の発掘
* 2018年年初からの新仏医療保険の顧客開拓
* 新たな日本人社員の雇用
* BLOGの最低週一更新

個人的な目標は ——

* プールでのフリーダイビングDYN100M
* ダイビング聖地パラオでのダイビング
* 大学卒業時の体重へのダイエット
* ラジオ川柳への週一投句
* 我が横浜大洋ホエールズの
日本シリーズ優勝決定胴上げを
ハマスタで目の前で見ることと
ビール掛け優勝祝賀会への参加

上記目標、どれだけ達成できるか ——
今から頑張らねば !!!

「今日の一句」

“サルものは 追わず未来を トリに行く”
ツイートツイート

排ガスレベル認定シール

2016/12/28 (水) 10:32 | Blog, 保険関係

 

17

冬に入ってからパリの大気汚染が酷くなっています。もともとパリは、盆地にあり空気の流れが悪く、大気汚染が発生しやすい地形にあります。

今までは、大気汚染のレベルが上がると、パリ近郊の高速道路のスピード制限を下げたり、ナンバープレートの数字の偶数/奇数で運転を制限したりしていましたが、来年度からは上記の写真のシールを購入し、フロンドガラスへの貼り付けが義務付けられ、その数字によって運転が制限されます。シールをフロントガラスに貼り付けていないと、最高160 Eurosの罰金が科せられますのでご注意を。

この件に関し在仏日本商工会議所のHPに、コラムを載せていただきましたのでご覧ください。

 

「排ガスレベル認定 “Certificats qualite de l’air”」

 

「今日の一句」

“潤む目は 貴方のせいか 排ガスか”
ツイートツイート

在留日本人の為の海外旅行保険

2016/12/19 (月) 13:34 | Blog, 保険関係

在留日本人の方の為の海外旅行保険のご紹介です。

弊社は、ホールセールブローカー制度を利用して、在留日本人の方の為に、特別に海外旅行保険をセットアップしました。その利点をご説明すると ——

* 本当に必要な補償、医療補償・一般賠償責任補償・アシスタント補償をパッケージ
* 安心の医療補償15万 Euros、一般賠償責任補償4.5M Euros
* お財布に優しい1週間12 Eurosから
* 居住国の国などの医療保険に関係なく補償
* フランスでは、日本での医療費をまずSSに請求し、その後に
各人のMutuelleに請求しなければならないが、その必要なし
* クレジットカード決済で簡単契約
* 出発当日でも契約可能
* 日本国籍保持者が日本に一時帰国時でも補償
* 補償内容の説明HPから医療費還付請求まで100%日本語環境
* 24時間365日の日本語アシスタントサービス付き
* 配偶者が日本国籍でなくても契約可能
* お子様が二重国籍保持者でも契約可能

ご家族での日本への一時帰国、居住国以外へのバカンスに行かれる時など、是非ともご検討ください。ご興味のある方は、下記のバナーをクリックしてください。
banner2011_new-1

 

 

 

「今日の一句」

“里帰り お客待遇 三日まで”
ツイートツイート

乗り換え割引

2016/11/23 (水) 01:34 | Blog, 保険関係

18

年末恒例、新規お客様に対しての特別保険料割引月間です。
色々と条件がありますが、他社からの乗り換えの場合、最高30%の保険料値引きです。

自動車保険・住宅保険・医療保険・店舗保険等、ほぼ全ての保険商品に適応されます。特に銀行窓口販売からの乗り換えの場合、割引き率がアップします。保険会社として、保険の銀行窓販を気にしている証拠でしょう。

ご興味がありましたら、ご連絡ください。当然見積もりは、無料です。「BLOGを見た」と言っていただければ、頑張ってBESTの見積もりをお作りいたします !!!

「今日の一句」

“保険バイ トラちゃんちょっと 手伝って”
ツイートツイート

20%の企業が未加入

2016/04/28 (木) 15:16 | Blog, 保険関係

 

30

2016年から企業が従業員に付保する医療保険が強制になりました。

先日の保険会社からの統計資料に寄りますと、未だにフランス全企業の20%前後の企業が、この新しく強制になった医療保険に加入していないとの事。

加入していない場合、以下のようなリスクが考えられます。

A 従業員が支払った実費医療費の全額会社負担
B 社会保障局・労働監督局の監査があった場合、追徴金の支払い
C Bで不加入が分かった場合、全てに面で監査が厳しく行われる

上記で一番キツいのが”C”ですね。「医療保険強制」は、ホットな話題ですので、間違いなく監査のときの一番最初に加入の有無を確認されると思います。そこで加入していない事が発覚すると、他の事に関する監査も厳しくなり、重箱の隅を突っつくような監査になる事が十分に考えられます。

また、2016年以前から会社契約のMutuelleに加入していた企業の方も、現状の補償内容を新しい補償内容に合わせる必要があります。一部補償の上限が設定されましたので、現状補償を下げなければならず、従業員からの大きな反発が予想されます。

まだMutuelleに加入されていない企業の方、新しい補償内容と現状の補償内容がどのような関係になっているか疑問をお持ちの企業の方、是非とも弊社までお問い合わせください。

「今日の一句」

“仏監査 いつ来るのかは 宝くじ”
ツイートツイート

デザイン変更

2016/04/07 (木) 15:48 | Blog, 保険関係

02

 

久々にBLOGのデザインを変更してみました。

今のBLOGソフトは素晴らしく、頭が古くて固い私でも、簡単にデザインの変行ができます。約500種類のデザインの雛型がすでに用意されており、ワンクリックで変更可能。元に戻すのも超簡単ですので、色々なデザインを自由自在に試す事ができます。上記の写真は、用意されているデザインの一部です。

今回は、シンプルで字が読みやすいデザインを選択しました。

いかがですか ???

 

「今日の一句」

“内容も ワンクリックで できたらなあ —“
ツイートツイート

年金・保険 セミナー

2016/03/24 (木) 22:29 | Blog, 保険関係

13

先日、フランス北海道道人会「ポプラ会」からの依頼で、フランスの年金・保険の基礎知識について、セミナーを行いました。労若男女合わせて80名以上の方に参加して頂きました。

その中で日仏の正確な年金申請方法をご存じなかった為に、年金受給金額が減額されている方が二人、年金の二重掛けを続けている方が三人いらっしゃいました。日仏社会保障協定が2007年に発効されてからすでに10年近い年月が経っていますが、未だに正確な情報をお持ちでない方がいらっしゃると言う事実に、ちょっと驚きました。Parisの日本大使館などでもHPなどで説明をしたり、色々と啓蒙活動を行っているようですが、それが十分でないと言う事です。

どのように正確な情報を伝えて行けば良いのか ——

良い知恵がありましたら、ぜひご連絡ください !!!

県人会/同窓会/地方の日本人会など、年金・保険の説明をして欲しい、と言う事でしたらご相談ください。交通費実費+「美味しい料理とお酒イッパイ」でお引き受けいたします。ご連絡をお待ちしております。

 

「今日の一句」

“年金を もらう年まで 生きるとは”
ツイートツイート

3.11

2016/03/18 (金) 11:09 | Blog, 保険関係, 雑感

11

3.11東日本大震災から5年が経ちました。

5年が経ち、復興は本当に進んでいるのでしょうか。不透明な部分が沢山あります。日本政府そして東電が何か隠しているのではないか ??? 日本国民のほぼ全員が疑問に思っている事だと思います。

* 子供の甲状腺がんが多発しているが、放射線漏れとの因果関係は。
* メトロダウンした原発は、将来100%安全が補償されるのか。
* 避難区域の住民が自宅に戻れる日は、本当に来るのか。

例を挙げれば、いくつも出てきます。私の捻くれた考えかも知れませんが、次の事が行われるまでは、日本政府そして東電は、福島の事を諦めていないと思います。

* 政府重要機関の福島から遠く離れた地方への移転
* 東電本社の福島から遠く離れた地方への移転

このような事がない事を祈るのみです。

日本国民として「3.11」を忘れない為にどうすれば良いか、私なりに考えてみました。その一つとして、3.11のあの時間に各人が何をしていたか、皆が記憶に留める事ではないかと思いました。自分の記憶と連動させれば、絶対に忘れないと思います。

あの時、私は何をしていたのか ——。ちょうど日本出張していて、3.11の明け方にパリに帰国する為の飛行機に搭乗しましたが、時系列で箇条書きして行きます。
(時間は、全て日本時間です。)

2011年3月11日
00:30 JAL便で羽田からパリに出発
02:00 技術的な問題で羽田に引き返すとアナウンス
04:00 羽田に到着。別の機材が用意出来るまで待つように指示される。
07:00 別の機材でパリに再出発。
14:46 機内では、何のアナウンスも無し。
19:00 パリ到着。パリ飛行場のパスポートコントロールのTVモニターで地震の事を知る。

羽田出発があと数時間遅れていたらどうなっていたのか、出張の日程が後1日延びていたらどうなっていたのか、なぜJALの機内で地震に関して何の説明もしなかったのかなどなど、今からですと色々と思う事が多々あります。ただし、「3.11」に私が何をしていたのか、絶対に忘れる事はありませんし、それを思い出す事により、復興を願う気持ちを忘れる事もありません。

「今日の一句」

“3.11 何をしてたか 忘れない”
ツイートツイート