テレマティクスアプリケーション

2017/03/30 (木) 06:03 | Blog, 保険関係

 

11

 

日本の損害保険会社からイギリスのMBAに派遣されている方が、弊社を訪問してくれました。
MBAでどんなことをやっているのか説明していただき、そしてMBAの課題となっている自動車の運転に関するテレマティクスアプリケーションについて、売り込みをされてしまいました。

まず驚いたには、今の時代のMBAがどんなことをやっているか。私の頭の中では、大学院と同じように専門を極めるために勉強をするところだと思っていましたが、完全なコンサルですね。企業から課題や新商品の情報ををもらい、その課題を解決したり新商品の販促をどのようにしたら良いのかを、コンサルとしてまとめる。当然、そのコンサルは無料ではなく、企業からお金をもらってやっています。幾つもある企業からの課題を選択するのも、そしてその費用をネゴルのもMBAの学生達です。勉学というよりは、完全な即戦力の実務ですね。

弊社がセットアップした保険商品の販促もMBAの学生に頼んでみましょうかね。課題として興味は持ってもらえそうですが、費用が折り合わないかも ——

「今日の一句」

運転の 一人の時間も 管理され
ツイートツイート

«


Write a comment